デザインの言語化について考える

さんかくデザイン研究会「さんかく#06」
2020年6月24日(水)20:00~21:30で開催します。

今回は「デザインの言語化について考える」です。

商業的なデザインは基本的に「何かしらの意味」を持った上で作られるものがほとんどです。

  • なぜこの色をつかったのか
  • なんのためにこの模様にしたのか
  • なぜこのサイズなのか

など、ひとつひとつの要素は必ず意味を持ってデザインをされています。
この意味を持ったデザインが正しくクライアントやエンドユーザーの求めるものの方向にむいていると、いわゆる「わかりやすいデザイン」であったり、「買ってもらえるデザイン」に近づくのではないかと思います。

本来デザイナーはみんなこの要素について考えて作っているはずですが、意識せず作っていると、それを言語化するということが苦手な方もいるようです。
ということで、今回はこの「デザインの言語化」をテーマに勉強会をやりたいと考えています。

デザインをするうえでこれらが明確に言語化できると、クライアントに対しての説得力に大きく影響します。

デザインをするうえでこれらが明確に言語化できると、クライアントに対しての説得力に大きく影響します。

さんかくデザインの趣旨にのっとり今回も最初に20分ほど講師役(今回も穴田です)が本テーマに対してお話します。
その後、質疑応答をベースに内容について更に深く話し合う形式を取ります。

申し込みはconnpassのイベントページより受け付けています。
connpassの登録・利用法方法についてはこちらを御覧下さい。

◆想定される参加対象者

・業務または趣味でデザインをおこなう方
・今後、業務または趣味でデザインをおこなう可能性がある方
・過去、デザインをおこなっていた方
・デザインに興味がある方

上記の方の参加を想定しています。
Web、DTP、プロダクトなど、すべてのデザイン制作に関連する内容です。

◆開催日時

2020年6月24日(水)20:30~21:30

◆ 参加費

無料

◆場所

今回はオンラインミーティングツールを利用しての開催となります。 現時点ではGoogle meetの利用を予定しています。(変更の可能性があります。)
https://meet.google.com/

申し込み頂いた方に対し、参加方法を共有します。

Webカメラ・マイクのついたPC・スマホなどでご参加ください。
カメラオフ状態でも参加は可能ですが、なるべくカメラオンの状態でご参加ください。

◆申し込み

申し込みはconnpassのイベントページより受け付けています。
connpassの登録・利用法方法についてはこちらを御覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です